不動産屋社長のためのnote
売買1位の大手不動産屋は?2021年「売買仲介実績ランキング」TOP10

売買1位の大手不動産屋は?2021年「売買仲介実績ランキング」TOP10

2021年版「不動産売買仲介実績ランキング(2020年4月〜2021年3月)」が発表されました。緊急事態宣言で多くの会社が2020年4〜6月に店舗閉鎖など営業自粛した影響が大きく出て、全体の7割超が減収となりました。気になる1位はあの大手不動産仲介会社でした。ランキングTOP10をまとめてご紹介します。

不動産売買仲介実績ランキング2021年版が発表

2017不動産仲介実績ランキング2

一方、下期には各社とも回復傾向となり、在宅時間が増えたことで、住まいに対する関心が高くなったり、広めの郊外のお家も売れた一方、仕入れとなる売却物件の在庫不足により、品薄感が出ている状況となっています。特に狭い賃貸に住んでいる層の購入ニーズが高くなりました。

これは、本来出るべき住宅ローンの遅延による売却物件の供給が、金融機関もある一定の遅延を認めているために出て来ず、また頻繁に出る緊急事態宣言も「家から出るのを控えるように」という状況の中、買い替え客も減り、供給数が著しく絞られていることから、物件の価格が高止まりしている傾向にあります。

このような状況において、中古不動産の売買仲介の大手がどこなのかわかる、毎年注目を集めている「不動産売買仲介実績ランキング」(株式会社住宅新報社調べ)が今年も発表されました。気になる1位はあの不動産会社でした。

こちらの数字は原則、売買仲介のみの数字で両手取引は1件でカウントしています。仲介手数料の上限額は3%+6万円です。両手仲介の場合は6%+12万円です。

大手不動産会社

イクラ不動産
24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

【第1位】三井不動産リアルティ

手数料収入 767億円(-9.7%)
取扱件数 38,507(-7.0%)
取扱高 15,832億円(-12.4%)
店舗数 286(4)
1件あたり平均物件価格 4,111万円(-53万円)
手数料率 4.8%
1件あたり平均手数料 199万円(+1万円)
1店舗あたり平均手数料収入 26,818万円
本社は東京都千代田区。三井不動産の子会社で「三井のリハウス」のブランド名で知られています。三井不動産リアルティは大きく「三井のリハウス」と「三井のリパーク」とで分かれており、取扱件数は、1986年から35年連続で全国No.1。

※連結対象子会社以外のリハウス各関連会社(賃貸仲介手数料・賃貸管理収益・関連収益等)を含みます。

→三井のリハウスに売却相談・査定はこちらから

【第2位】住友不動産販売

住友不動産販売HP2017

手数料収入 623億円(-7.0%)
取扱件数 35,122(-6.9%)
取扱高 12,410億円(-3.6%)
店舗数 269(-7)
1件あたり平均物件価格 3,533万円(+120万円)
手数料率 5.0%
1件あたり平均手数料 177万円(0万円)
1店舗あたり平均手数料収入 23,159万円
本社は東京都新宿区。「住友の仲介STEP(ステップ)」のブランド名で知られています。関西圏では絶対的な集客力があり、三井のリハウスも関西においては住友不動産販売に及びません。大手は店舗拡大を続ける中、不採算店舗を減らしました。

※手数料収入に賃貸仲介手数料を含みます。

→住友不動産販売に売却相談・査定はこちらから

【第3位】東急リバブル

東急リバブルHP2017

手数料収入 578億円(-7.0%)
取扱件数 25,635(-3.0%)
取扱高 12,264億円(-6.8%)
店舗数 193(-3)
1件あたり平均物件価格 4,784万円(-193万円)
平均手数料率 4.7%
1件あたり平均手数料 225万円(−10万円)
1店舗あたり平均手数料収入 29,948万円
本社は東京都渋谷区。首都圏(東急沿線)に強みがありますが、近年は関西においても積極的に攻勢をかけており、大手不動産会社の中で、最もいち早く新しい消費者向けサービスを取り入れています。

※手数料収入に賃貸仲介手数料・賃貸関連収益等を含みます。

→東急リバブルに売却相談・査定はこちらから

【第4位】野村の仲介+

野村不動産アーバンネットHP2017

手数料収入 347億円(-1.3%)
取扱件数 9,322(-2.1%)
取扱高 8,934億円(2.4%)
店舗数 94(+2)
1件あたり平均物件価格 9,583万円(+416万円)
手数料率 3.8%
1件あたり平均手数料 372万円(+4万円)
1店舗あたり平均手数料収入 36,914万円
本社は東京都新宿区。「野村の仲介+(PLUS)」のブランド名で知られています。大手不動産会社の中では、最もネット集客に力を入れており、SEO対策含めて効果が出てきています。

※野村不動産と野村不動産アーバンネットにおける仲介の合計の数字です。

→野村の仲介+に売却相談・査定はこちらから

【第5位】三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産HP2017

手数料収入 174億円(-13.6%)
取扱件数 7,202(-6.3%)
取扱高 4,124億円(-12.7%)
店舗数 72(0)
1件あたり平均物件価格 5,726万円(-421万円)
手数料率 4.2%
1件あたり平均手数料 241万円(-21万円)
1店舗あたり平均手数料収入 24,166万円
本社は東京都千代田区。三井住友信託銀行グループの不動産会社で信託系不動産会社です。信託財産での不動産活用に圧倒的に強みがあるため、エンド(一般消費者)仲介でも特に面積が広い土地に関して強みがあります。

→三井住友トラスト不動産に売却相談・査定はこちらから

【第6位】みずほ不動産販売

みずほ不動産販売HP2017

手数料収入 151億円(-5.3%)
取扱件数 3,601(−10.9%)
取扱高 3,697億円(-9.3%)
店舗数 50(-2)
1件あたり平均物件価格 1266万円(+180万円)
手数料率 4.0%
1件あたり平均手数料 395万円(+24万円)
1店舗あたり平均手数料収入 3200万円
本社は東京都中央区。信託系で、みずほフィナンシャル・グループの不動産会社です。近年、不動産事業に力を入れていますが、主に法人取引がメインで、そこに紐づく信託財産などの売買が多いです。

→みずほ不動産販売に売却相談・査定はこちらから

【第7位】三菱UFJ不動産販売

三菱UFJ不動産販売HP2017

手数料収入 147億円(−9.9%)
取扱件数 4,307(−16.0%)
取扱高 3,533億円(−13.0%)
店舗数 42(−2)
1件あたり平均物件価格 8,202万円(+286万円)
手数料率 4.1%
1件あたり平均手数料 341万円(+24万円)
1店舗あたり平均手数料収入 35,000万円
本社は東京都千代田区。信託系で、三菱UFJフィナンシャル・グループの不動産会社です。8位の三菱地所リアルエステートサービスは、三菱地所の子会社でデベロッパー系です。近年、衛星都市から店舗を撤退し、中核都市に集約、銀行系の顧客からの紹介を中心に広範囲のエリアに渡って仲介を行っています。

→三菱UFJ不動産販売に売却相談・査定はこちらから

【第8位】オープンハウス

オープンハウス

手数料収入 133億円(+21.9%)
取扱件数 7,232(+27.0%)
取扱高 2,934億円(+24.1%)
店舗数 52(+8)
1件あたり平均物件価格 4,056万円
手数料率 4.5%
1件あたり平均手数料 183万円(−8万円)
1店舗あたり平均手数料収入 25,576万円
本社は東京都千代田区。「東京に、家を持とう。」のキャッチフレーズで一躍知名度を上げ、東京を中心に、不動産仲介事業、新築戸建分譲、マンション開発事業で自社ブランドを展開し、急成長しています。ちなみに、東京以外のエリアでは、「名古屋に、家を持とう。」「福岡に、家を持とう。」といったそのエリアに合わせたキャッチフレーズで展開しています。

→オープンハウスに売却相談・査定はこちらから

【第9位】積水ハウス不動産

積水ハウス不動産

手数料収入 111億円(-7.3%)
取扱件数 8,078(-2.0%)
取扱高 2,345億円(-3.6%)
店舗数 115(+1)
1件あたり平均物件価格 2,902万円
手数料率 4.7%
1件あたり平均手数料 137万円(−8万円)
1店舗あたり平均手数料収入 9,652万円
本社は大阪府大阪市。2020年2月1日付けで、積和不動産各社は積水ハウス各社へ商号変更しました。積水ハウス不動産東北、積水ハウス不動産東京、積水ハウス不動産中部、積水ハウス不動産関西、積水ハウス不動産中国四国、積水ハウス不動産九州の積水ハウスグループ一体となって事業を推進することを目的としています。

→積水ハウス不動産に売却相談・査定はこちらから

【第10位】東宝ハウスグループ

東宝ハウス

手数料収入 104億円(+22.3%)
取扱件数 6,102(+18.5%)
取扱高 2,142億円(+20.5%)
店舗数 19(1)
1件あたり平均物件価格 3,510万円
手数料率 4.8%
1件あたり平均手数料 170万円
1店舗あたり平均手数料収入 54,736万円
本社は東京都新宿区。創業40年で関東に19社。営業力の強さとMEOをはじめとするインターネット戦略で近年、急速に拡大しています。

→東宝ハウスグループに売却相談・査定はこちらから

【補足】11位〜の不動産売買仲介会社

会社名 手数料収入(前期比) 取扱件数 取扱高 店舗数
11 三菱地所リアルエステートサービス 73億円(−14.3%) 932件(−14.8%) 2,602億円(−42.1%) 8(0)
12 大和ハウスグループ 70億円(10.7%) 4,802件(−5.3%) 1,698億円(−8.6%) 118(55)
13 大京穴吹不動産 69億円(−12.6%) 5,509件(−12.6%) 1,584億円(−5.4%) 75(0)
14 住友林業ホームサービス 64億円(-6.1%) 4,192件(−1.7%) 1,524億円(−2.5%) 47(0)
15 大成有楽不動産販売グループ 59億円(−8.2%) 3,679件(−5.5%) 1,430億円(−12.9%) 40(0)
16 近鉄不動産 53億円(−4.0%) 4,171件(0.2%) 1,072億円(0.0%) 46(0)
17 スターツグループ 50億円(−1.1%) 2,077件(−8.2%) 1,186億円(2.6%) 102(−3)
18 東京建物不動産販売 36億円(−15.8%) 1,013件(−6.7%) 1,364億円(−5.6%) 11(0)
19 三菱地所ハウスネット 35億円(26.3%) 1,616件(13.2%) 840億円(10.1%) 35(13)
20 リストサザビーズインターナショナルリアルティ 33億円(22.7%) 1,333件(14.9%) 629億円(13.0%) 10(0)
21 長谷工リアルエステート 31億円(−23.3%) 2,006件(0.4%) 796億円(−26.5%) 39(1)
22 中央日本土地建物グループ 29億円(−21.6%) 302件(−20.5%) 907億円(−31.8%) 10(−1)
23 ポラスグループ 26億円(0.1%) 2,501件(−1.0%) 552億円(−1.1%) 56(6)
24 ナイス 20億円(7.4%) 1,263件(5.6%) 573億円(−4.0%) 16(1)
25 小田急不動産 18億円(−4.2%) 1,251件(−2.5%) 413億円(−10.5%) 18(−2)
26 伊藤忠ハウジング 18億円(−6.4%) 1,905件(−8.5%) 991億円(−5.7%) 2(0)
27 朝日住宅 11億円(−7.7%) 958件(−4.8%) 260億円(−10.1%) 9(0)
28 阪急阪神不動産 10億円(−12.7%) 666件(−15.4%) 251億円(−20.2%) 12(0)
29 京王不動産 9億円(−13.0%) 620件(−9.2%) 230億円(−6.7%) 11(0)
30 相鉄不動産販売 4億円(−19.1%) 277件(−16.1%) 79億円(−14.9%) 7(0)
31 京急不動産 3億円(−26.9%) 245件(−6.1%) 76億円(6.4%) 11(−1)
番外 センチュリー21・ジャパン 297億円(−4.2%) 26,515件(2.4%) 6,417億円(0.8%) 989(+11)
番外 イエステーション 62億円(1.5%) 7,745件(−1.0%) 1,239億円(0.2%) 148(+3)

(※データは基本的に株式会社住宅新報社が調査した2020年4月~2021年3月の間の、各事業者の決算をもとにしています。決算期のズレが多少あります。)

あなたにおすすめの不動産屋さんが見つかる

  1. 個人情報なしで相場価格がわかる
  2. 不動産屋さんの売却実績がひとめで
    わかる
  3. 信頼できる不動産屋さんから
    相談する不動産屋さんを選べる

無料であなたにおすすめの不動産屋さんを
見つけましょう

おすすめの不動産屋さんを見つける

スマホ1つで、気軽に家を売る相談ができる

  • どのように家の売却を進めれば
    いいんだろう?
  • 周りにバレずに売却を進めたい...
  • 売ったらいくらなのかだけ知りたい。

などのお悩みや疑問にお答えします

匿名&無料で家を売る相談はこちら

友だち追加で無料相談