イクラちゃんねるライター募集
本当に家を売りたい方を紹介いたします イクラ不動産

「建物の維持修繕の実施状況の記録」とはなにか

「建物の維持修繕の実施状況の記録」とはなにか
不動産屋
重要事項説明書の「建物の維持修繕の実施状況の記録」って何だったっけ…?
“こくえい和田さん”
マンションの共用部分および専有部分に関し、維持修繕(マンションの大規模修繕や各居室のリフォームなど)の記録が保管されているかいないかを、売主・管理組合の役員(理事長など)・管理会社・管理人等に照会し、その有無を記入します。

不動産を売買する際、重要事項説明書の中に「建物の維持修繕の実施状況の記録」という項目がある。

(この項目では、FRK・宅建協会・全日・全住協の重要事項説明書を念頭に説明しており、書式や記載方法は微妙に異なっていますが、用語の意味や記入すべき内容は基本的に同じです。ここではFRKの記入方法を中心に解説しています。)

建物の維持修繕の実施状況の記録とは?

マンションの共用部分および専有部分に関し、維持修繕(マンションの大規模修繕や各居室のリフォームなど)の記録が保管されているかいないかを、売主・管理組合の役員(理事長など)・管理会社・管理人等に照会し、その有無を記入する。

修繕の記録が保存されている場合は、その資料(写し)を入手し、証拠書類として重要事項説明書に添付し、買主に交付するようにする

なお、この説明義務は、維持修繕の実施状況の記録が保存されている場合に限って、課せられるものであり、売主・管理組合の役員・管理会社・管理人等に当該記録の有無を照会しても、その記録の存在が確認できない場合は、その照会をもって調査義務を果たしたことになる。記録のない場合は「無」とする。

重複していうが、つまりこの項目は修繕(リフォーム等)がされたかどうかではなく、その記録(書類)があるかどうかについて記載する項目であり、見た目で明らかにリフォームされていても、記録(証拠書類)がなければ、「無」になるということに注意する。

建物の維持修繕の実施記録が共用部分にあり、専有部分にない場合の記入方法

維持修繕

不動産屋
読んでもわからない・・・難しい・・・重説どうしたらいいんだ。。。

不動産会社だけど、プロに不動産の基本調査や重要事項説明書などの書類の作成を依頼されたいという方は、「こくえい不動産調査」にご相談ください。

地方であっても複雑な物件でも、プロ中のプロがリピートしたくなるほどの重説を作成してくれます。

イクラ不動産×こくえい不動産調査

不動産調査・重説作成
プロに依頼

詳しくはこちら