イクラちゃんねるライター募集
本当に家を売りたい方を紹介いたします イクラ不動産

新住宅市街地開発事業とはなにかわかりやすくまとめた

新住宅市街地開発事業とはなにかわかりやすくまとめた
不動産屋
「新住宅市街地開発事業」って何だったっけ…?
“こくえい和田さん”
「新住宅市街地開発法」は、高度成長による人口の都市集中にともない増大した住宅需要に対して、良好な住宅地を大量に供給することを目的とした法律で、複合都市機能を持ったニュータウンを作るための事業です!

Q:新住宅市街地開発事業(しんじゅうたくしがいちかいはつじぎょう)とはなんですか?

A:ニュータウンをつくる事業

新住宅市街地開発事業は、新住宅市街地開発法に定める事業です。

新住宅市街地開発法は、1963(昭和38)年に制定された法律で、高度成長による人口の都市集中にともない増大した住宅需要に対して、良好な住宅地(宅地)を大量に供給することを目的とした法律です。

新住宅市街地開発事業の特徴としては、単なる住宅だけでなく、道路・公園・学校・病院・ショッピングセンター・事業所など生活する上で全てそろった複合都市機能を持った、いわば本格的なニュータウンづくり事業といえます。代表例は、大阪の千里ニュータウンや東京の多摩ニュータウン、茨城のつくば研究学園都市であり、ほとんどの事業は1970年代後半までに決定されています。

新住宅市街地開発事業は、地方公共団体が事業主体となり用地を買収して行います。そこで、一気に住宅地の造成および処分、そして住宅地と一体となる公共施設を整備するため、比較的短期間で事業を行います。また造成した宅地購入者に対して、5年以内に建物を建築する義務を課すことにより、早期に市街地が形成するよう図ります。

事業完了後10年間は、購入地の所有権移転(売却)については承認が必要で、通常は宅地分譲の際に事業者への買戻特約の登記を行います。

新住宅市街地開発法について詳しくは「不動産の重要事項説明書における「新住宅市街地開発法」とはなにか」をご覧ください。

不動産の重要事項説明書における「新住宅市街地開発法」とはなにか

2016.04.02

新住宅市街地開発事業は、新住宅市街地開発法に具体的な内容が定められていますが、大枠としては都市計画法第12条に定める市街地開発事業のひとつです。詳細については以下をご参照ください。

【市街地開発事業について】

不動産用語の「市街地開発事業」とはなにか

市街地開発事業とはなにかわかりやすくまとめた

2018.02.02

【関連記事】

都市計画・区域区分・用途地域・地域地区・地区計画等とはなにか

都市計画・区域区分・用途地域・地域地区・地区計画等とはなにか

2017.09.26
不動産屋
読んでもわからない・・・難しい・・・重説どうしたらいいんだ。。。

不動産会社だけど、プロに不動産の基本調査や重要事項説明書などの書類の作成を依頼されたいという方は、「こくえい不動産調査」にご相談ください。

地方であっても複雑な物件でも、プロ中のプロがリピートしたくなるほどの重説を作成してくれます。

イクラ不動産×こくえい不動産調査

不動産調査・重説作成
プロに依頼

詳しくはこちら