イクラちゃんねるライター募集
コロナショックで不動産は下がる? 対策していますか? 無料キャンペーン中! イクラ不動産

不動産の重要事項説明書における「都市公園法」とはなにか

不動産の重要事項説明書における「都市公園法」とはなにか
不動産屋
重要事項説明書における「都市公園法」って何だったっけ…?
“こくえい和田さん”
売買の対象となる不動産が、公園一体建物に該当する場合には、重要事項説明が必要です。

都市公園法(重要事項説明書)

 

不動産の重要事項説明書の「都市計画法・建築基準法以外のその他の法令に基づく制限」において「都市公園法」という項目があります。

どのような不動産が都市公園法の対象となり、どのような制限を受けるのでしょうか。

ここでは、不動産の重要事項説明における都市公園法について説明します。

次の不動産は「都市公園法」について重要事項説明が必要です。

  • 公園一体建物(こうえんいったいたてもの)

都市公園法とは

都市公園法は、都市公園の設置と管理に関する基準などについて1956(昭和31)年に定められました。

都市公園とは、町の中にある普通の公園から、大規模な総合公園や運動公園、国営公園、都市緑地など、都市の中にある様々な公園をまとめて総称したものです(国土交通省HP「都市公園の種類」参照)。

かつて都市公園は、立体的な土地利用が制限されており、公園の地下を駐車場などに利用することができませんでした。しかし、地価の高い都心部で公園整備を行うには、土地の有効利用を図りながら立体的な土地利用を行う必要があり、2004(平成16)年の改正で立体(都市)公園制度を設けました。

この制度により、公園の範囲の下限を定めて、それより下の空間は公園以外の用途に利用することで、民間施設の建物と一体となって、屋上公園や人工地盤公園などの公園整備が可能になりました(立体都市公園)。

都市公園法(立体都市公園制度)

このような建物を、公園一体建物(こうえんいったいたてもの)といい、公園管理者と建物の所有者との間で費用負担などに関して協定を結びます。この協定は、その後売買されて、新たに公園一体建物の所有者となった者に対しても効力が及びます(承継効[しょうけいこう]といいます)。

【公園一体建物の制限行為】

公園管理者は、立体都市公園と当該立体都市公園の区域外の建物とが一体的な構造となるときは、当該建物の所有者等と費用負担等に関して一定の協定を締結することができますが、この協定の効力は、公示のあった後に当該協定の目的となった建物(公園一体建物)の所有者となった者に対してもおよびます。

都市公園法第23条

都市公園法(目黒天空庭園)

こちらは、東京都目黒区大橋の屋上庭園である目黒天空庭園です。 首都高速道路の大橋ジャンクションの屋上に造成されています。大橋ジャンクションは、首都高速道路株式会社の敷地であり、建物部分も所有していますが、目黒区は占用者という立場で、目黒天空庭園の整備、管理をしており、公園一体建物です。2004年に都市公園法が改正されて、立体都市公園制度が創設されたことにより、このような民間施設の上部に公園(屋上公園)をつくることが可能になりました。

一般の不動産仲介において、売買の対象となるケースはほとんどありませんが、調査した結果、売買の対象となる不動産が、公園一体建物に該当する場合には、制限の内容を調査するとともに、不動産の重要事項説明書の「都市公園法」の項目にチェックをつけて、制限内容を説明する必要があります。

 

 

不動産屋
読んでもわからない・・・難しい・・・重説どうしたらいいんだ。。。

不動産会社だけど、プロに不動産の基本調査や重要事項説明書などの書類の作成を依頼されたいという方は、「こくえい不動産調査」にご相談ください。

地方であっても複雑な物件でも、プロ中のプロがリピートしたくなるほどの重説を作成してくれます。

イクラ不動産×こくえい不動産調査

不動産調査・重説作成
プロに依頼

詳しくはこちら