イクラちゃんねるライター募集
本当に家を売りたい方を紹介いたします イクラ不動産

壁芯と内法とはなにかわかりやすくまとめた(床面積の計算方法)

壁芯と内法とはなにかわかりやすくまとめた(床面積の計算方法)
不動産屋
壁芯と内法って何だったっけ…?
“こくえい和田さん”
建物面積の表示方法ですよ!

Q:壁芯(へきしん)面積とはなんですか?内法(うちのり)面積とはなんですか?

A:建物面積の表示方法

建物面積を表示する方法として、壁芯(へきしん)内法(うちのり)の2種類があります。

マンションの専有部分について、登記上の床面積は、分譲マンションのパンフレット記載の床面積より小さくなります。これは、床面積の計算方法が異なるからです。

壁芯は、壁の中心線により囲まれた部分の面積であり、分譲マンションの販売図面戸建ての建物の登記簿で、面積を表示するときに利用されます。

内法は、内壁で囲まれた部分の面積であり、区分建物の専有部分の登記簿で、面積を表示するときに利用されます。区分建物とは、マンションのようにひとつの建物の中に、独立し区分された部屋(専有部分)が複数ある建物のことです。

マンションの住戸(専有部分)の登記上の面積(内法計算)は、専有部分の間の壁の分だけ、壁芯計算によるパンフレット面積より小さくなります。

マンションの売買取引は、分譲パンフレットの面積で行われることが多く、登記上の面積と一致しませんが、表示方法の違いによるものであり、問題ありません。

住宅ローン控除などの軽減措置を受けるためには、登記上の面積(内法面積)が適用されるので、注意しましょう。

(2021年からの住宅ローン控除についての詳細はこちら

不動産屋
読んでもわからない・・・難しい・・・重説どうしたらいいんだ。。。

不動産会社だけど、プロに不動産の基本調査や重要事項説明書などの書類の作成を依頼されたいという方は、「こくえい不動産調査」にご相談ください。

地方であっても複雑な物件でも、プロ中のプロがリピートしたくなるほどの重説を作成してくれます。

イクラ不動産×こくえい不動産調査

不動産調査・重説作成
プロに依頼

詳しくはこちら