イクラちゃんねるライター募集
本当に家を売りたい方を紹介いたします イクラ不動産

不動産調査する場合、法務局で取得する必要がある資料とその申請方法

不動産調査する場合、法務局で取得する必要がある資料とその申請方法
不動産屋
不動産調査する場合、法務局で取得する必要がある資料って何だったっけ…?
“こくえい和田さん”
公図→登記事項証明書→地積測量図・建物図面→要約書(要約書については必要がある場合のみ)の順番で取得すると良いですよ!

不動産を調査する際には、以下の資料を法務局(インターネットを含む)から取得する必要がある。

これらはどのようにして取得するのだろうか?

ここでは、資料取得の基本的な流れと申請書の記入方法について説明する。

公図の申請

公図の取得方法

①地番が特定できていないときには、ブルーマップでの「あたり(=付近)の地番」で申請する。地番が特定できていれば、その地番も記載して申請する。複数の筆を所有しているときでも、1つの地番を書けば申請できる。

公図とはなにか、法務局やネットでの取り方などわかりやすくまとめた

2016.06.19

地番について

不動産は地番で登記されており、法務局で調査を行うにあたっては、まずこのブルーマップで地番を調べなければならない。地番は、郵便が届く住居表示とは異なる(地番=住居表示となっている地域もある)。住居表示とは住居表示に関する法律に基いて街区をわかりやすくしたり、郵便物を配達しやすくすることを目的とした表示方法だ。なお、地番がついている土地1つずつを1筆(ひとふで・いっぴつ)と呼び、数筆の土地を合筆して1番の土地にすることを合筆(ごうひつ・がっぴつ)1筆の土地を数筆の土地に分割することを分筆(ぶんぴつ)と言う。

イクラ不動産 不動産会社の皆さん、スマホで売主を集客しませんか? 従来の一括査定と全く異なる新しい売却集客サービスです。

登記事項証明書(土地・建物)の申請

公図で地番を特定したら、その地番の土地・建物について申請する。

登記簿謄本の取得方法

公図例1②所有者がわからない時は、空欄でも構わない。

③共担目録は、普通全ての証明書につける。該当する番号を記入し、「全部(抹消含む)」にチェックする。

④所有者事項証明書は「乙区までの情報はいらないが、所有者・共有者の氏名・住所・持分の証明書が欲しい」という場合に、この欄にチェックして申請する。

マンションの登記簿謄本の見方についてわかりやすく解説!

2016.06.22

土地・戸建の登記簿謄本の見方についてわかりやすく解説!

2016.06.21
スマホの不動産屋さん スマホ1つで、もっと気軽に家を売る前に相談をしましょう

地積測量図・建物図面の申請

地積測量図・建物図面の取得方法

公図例2

⑤地積測量図の申請書は公図の申請書と同じだ。同じ地積測量図の中に、複数の筆の図面が記載されている場合もあるため、まず51-1で申請してみる。取得したものが不十分であれば、51-3も再申請する。

⑥建物については建物図面(各階平面図)の申請になる。登記事項証明書で家屋番号を確認して記入する。

⑦セットバックらしき部分や、道路らしき部分の地番の地積測量図も取得する。(道路対面側にも注意する。)

⑧道路対面側地番の丁目が調査物件とは異なっている。町名が違うこともあるため注意する。

地積測量図とはなにか、見方と取得方法についてわかりやすくまとめた

2016.06.18

建物図面・各階平面図とはなにか、見方と取得方法についてまとめた

2016.06.16

要約書(土地・建物)の申請

1つの欄に複数の地番を書いても構わない。わかりやすく、番号の書き間違いがないよう注意する。

要約書の取得方法

公図例3⑨敷地に接している地番

  • 隣接敷地(54-1・55-2)
  • 西側道路らしき部分(56-1)
  • セットバックらしき部分(54-2・56-4)

⑩西側道路対面敷地(56-2・56-3)

⑪北側道路対面側セットバックらしき部分(24-3・24-4)

⑫北側道路対面側敷地[4m未満の道路のため取得](24-1・24-2)

⑬道路対面側地番の「丁目」が調査物件とは異なっている。町名が違うこともあるため注意する。

要約書とはなにか、見方と取得方法についてわかりやすくまとめた

2016.06.17

このように法務局で取得する必要がある資料は、公図→登記事項証明書→地積測量図・建物図面→要約書(要約書については必要がある場合のみ)の順番で取得する。

不動産屋
読んでもわからない・・・難しい・・・重説どうしたらいいんだ。。。

不動産会社だけど、プロに不動産の基本調査や重要事項説明書などの書類の作成を依頼されたいという方は、「こくえい不動産調査」にご相談ください。

地方であっても複雑な物件でも、プロ中のプロがリピートしたくなるほどの重説を作成してくれます。

イクラ不動産×こくえい不動産調査

不動産調査・重説作成
プロに依頼

詳しくはこちら