イクラちゃんねるライター募集
本当に家を売りたい方を紹介いたします イクラ不動産

閉鎖登記簿(へいさとうきぼ)・閉鎖謄本(へいさとうほん)とはなにか

閉鎖登記簿(へいさとうきぼ)・閉鎖謄本(へいさとうほん)とはなにか
不動産屋
閉鎖謄本って何だったっけ…?
“こくえい和田さん”
公開の対象から外れた登記簿です。

Q:閉鎖登記簿(へいさとうきぼ)・閉鎖謄本(へいさとうほん)とはなんですか?

A:公開の対象から外れた登記簿

不動産登記とはその不動産がどんなものなのか、どこの誰が所有しているかを記録しているものであり、またその不動産で誰がどんなことをしたのか記録したものです。それらの記録がまとめられた台帳を「登記簿」といいます。

「謄(とう)」という字は、原本をそのまま写すという意味であり、登記簿謄本とは原本である登記簿をコピーしたものです。それが、現在は紙ではなくなったことから原本が存在しなくなり、コンピューター化によって、代わりに磁気ディスク内容の登記内容(登記事項)をプリントアウトした書類が、登記事項証明書です。

登記簿謄本と登記事項証明書の違いはなにか

2018.01.08

登記簿は、誰でも見られるように公開されていますが、その公開の対象から外された登記簿のことを閉鎖登記簿(閉鎖謄本)といいます。コンピューター化後に閉鎖されたものは、閉鎖事項証明書といいます。

閉鎖される登記簿として、滅失登記された登記簿や、合筆や区画整理の換地処分により、消滅した地番の登記簿があります。

閉鎖登記簿を利用することで、過去の土地の利用状況がわかるほか、所有者や権利関係の履歴をさかのぼることができます。

不動産の過去の状況を調べる方法として、閉鎖登記簿のほかには旧土地台帳があります。

不動産の過去の状況がわかる旧土地台帳とはなにか

2018.01.05
不動産屋
読んでもわからない・・・難しい・・・重説どうしたらいいんだ。。。

不動産会社だけど、プロに不動産の基本調査や重要事項説明書などの書類の作成を依頼されたいという方は、「こくえい不動産調査」にご相談ください。

地方であっても複雑な物件でも、プロ中のプロがリピートしたくなるほどの重説を作成してくれます。

イクラ不動産×こくえい不動産調査

不動産調査・重説作成
プロに依頼

詳しくはこちら