【2023年度版 詳細解説】島根県の中古マンション売却価格相場・動向

6で読める
【2023年度版 詳細解説】島根県の中古マンション売却価格相場・動向

この記事では、島根県の

  • 中古マンションの売却成約までにかかった期間及び売却価格・相場の動向

という中古マンションを売る際に知っておきたい基本情報に加えて、

  • 高く売れる中古マンションの特徴
  • 売れにくい中古マンションの特徴
  • 売れにくい中古マンションを売るための対策方法

について知ることができます。

島根県の「マンションの売却相場・動向データ」や「売却実績事例データ」を知りたい方は、「島根県のマンション売却価格の相場と動向をやさしく解説」に掲載しているので、ぜひご覧ください。

もくじ

この記事のポイントまとめ

1.【2023年度版】島根県の中古マンションが売却成約までにかかった期間及び売却価格・相場の動向

売却成約までにかかった期間は平均約4.4ヵ月、平均売却価格は約1,910万円です。

また相場の動向は、おおまかに以下のとおりです。

  • 前年に比べ売却価格は、変動なし
  • 前年に比べ成約した物件の㎡単価は、約3.1%上昇
  • 前年に比べ成約件数は、約0.03%上昇

詳しくは、「1.【2023年度版】島根県の中古マンションが売却成約までにかかった期間及び売却価格・相場の動向」をご覧ください。

2.島根県で高く売れる中古マンションの特徴(2023年度版)

島根県で高く売れる中古マンションの特徴は、一般的に以下のとおりです。

  • 専有面積が広い
  • 主要沿線上にある
  • 断熱性が高い
  • 商業施設が近い
  • 使いやすい間取り

上にあげたような特徴が多くあてはまり、なおかつ「駅や生活に必要な施設が近くにある立地」に建っている中古マンションは査定額が高くなります。

詳しくは、「2.【チェックリスト付き】島根県で高く売れる中古マンションの特徴(2023年度版)」をご覧ください。

3.島根県で売れにくい中古マンションの特徴(2023年度版)

島根県で売れにくい中古マンションの特徴としてあげられるのは、一般的に次のようなものです。

  • 専有面積が狭い
  • 主要沿線上にない
  • 断熱性が低い
  • 商業施設が遠い
  • 使いづらい間取り

詳しくは、「3.島根県で売れにくい中古マンションの特徴(2023年度版)」をご覧ください。

4.【事例で解説】島根県で売れにくい中古マンションを売るための対策方法3つ(2023年度版)

島根県で売れにくい中古マンションを売るための対策法3つについて、実例でご紹介いたします。

その方法は、次のとおりです。

【2023年度版 島根県で売れにくい中古マンションを売るための対策方法3例】
対策方法(例)
専有面積が狭い ・ニーズに合った買い手を探す
主要沿線上にない ・周辺環境の良さをアピールする
断熱性が低い ・価格を下げる

詳しくは、「4.【事例で解説】島根県で売れにくいマンションを売るための対策方法3つ(2023年度版)」をご覧ください。

1.【2023年度版】島根県の中古マンションが売却成約までにかかった期間及び売却価格・相場の動向

1-1.【2023年度版】島根県の中古マンションが売却成約までにかかった期間

【2023年度版 島根県の中古マンションの売却成約までにかかった期間】
島根県平均
マンションの売却成約までにかかった期間 約4.4ヵ月

不動産の売れやすさは「マンション>戸建て>土地」の順になっています。

特にマンションは、住み替えや買い替えのケースが多く、不動産の中でも流動性が高いため、比較的早く売却できるケースが多いと言えるでしょう。

島根県の中古マンションの取引件数は全国でも多い方ではなく、売買もあまり活発ではありません。そのため、売却物件の数が需要に追いついておらず、早期高値での売却が叶いやすい状況です、

参考として実際に売却成約した売主へのアンケート結果を見てみると、島根県では全体の8割以上のケースで半年以内に売却できていることが分かります。

【島根県版 中古マンションの売却にかかった期間アンケート】
順位 売却にかかった期間 割合
1位 6ヵ月以内 45.7%
2位 3ヵ月以内 40.2%
3位 1年以内 9.2%
4位 2年以内 2.6%
5位 2年以上 2.3%

※イクラ不動産の利用者アンケートより

1-2.【2023年度版】島根県の中古マンションの売却価格・相場の動向

【2023年度版 島根県の中古マンションの売却価格・相場】
島根県平均
マンション売却価格・相場 約1,910万円

2023年現在、島根県の中古マンション相場の動向は次のような傾向です。

〈2023年度版 島根県の中古マンション相場の動向まとめ〉

  • 前年に比べ売却価格は、変動なし
  • 前年に比べ成約した物件の㎡単価は、約3.1%上昇
  • 前年に比べ成約件数は、約0.03%上昇

【主な要因】

  • 島根県の人口は減少傾向にあるが、世帯数は増えている
  • IターンやUターンを含む移住者の誘致に力を入れている

島根県は全国の都道府県で2番目に人口の少ない県です。人口は減少傾向ですが世帯数は増加しており、さらに移住者数も増加傾向にあります。これは、島根県が移住者向けのサイトを公開するなど、IターンやUターンを含む移住者の誘致を積極的に行っている結果だと言えるでしょう。

島根県の住宅地の地価は2003年から21年連続で下落していますが、松江市や出雲市などの一部の地域では地価が上昇しており、価格の上昇が見込まれる地域もあります。

島根県の中古マンションは、都市部である松江市と出雲市に集中しており、特に島根県の県庁所在地である松江市は、経済産業省により全国一暮らしやすい街に選ばれており人気です。しかし、マンションの件数が少ないため、取引自体はあまり活発ではありません。

また、以下のようなエリアの住宅需要・地価が高まっています。

〈住宅需要・地価が高まっているエリア〉

1.松江市
⇒公的機関や商業施設が充実しているエリア
2.出雲市
⇒出雲市駅周辺エリア

【主な要因】

  • 生活に便利で、住みやすい場所が好まれる傾向がある
  • 人口の多い地域にマンションが立っている

松江市ホームページ:「「暮らしやすさ」日本一!」

2.【チェックリスト付き】島根県で高く売れる中古マンションの特徴(2023年度版)

基本的に中古マンションは、建っている場所が「駅や商業施設などが近くにある生活しやすい立地」でなければ高くは売れません。

加えて、島根県では以下に掲げた特徴に多く当てはまっているほど、査定額が高くなります。

【2023年度版 島根県で高く売れる中古マンションの一般的な特徴 チェックリスト】
チェック項目 チェック
専有面積が広い ・周辺物件より専有面積が広い
・専有面積が73㎡以上ある
主要沿線上にある ・山陰本線上にある
・松江駅・出雲市駅にアクセスしやすい
断熱性が高い ・断熱対策がされている
・気密性が高い
商業施設が近い ・商業施設や医療機関が充実している
・駅ビル、ショッピングモールの周辺
使いやすい間取り ・生活動線が優れている
・リフォームがしやすい一般的な間取り

以下の章で、これらの特徴について詳しく解説します。

2-1.[特徴1]専有面積が広い

一般的に、マンションでは専有面積が広くなるほど、人気も価格も高くなります。

島根県の平均専有面積は約73㎡となっているため、これよりも広いマンションの場合は売れやすくなります。

2-2.[特徴2]主要沿線上にある

島根県では、通勤や通学に便利で人気のある山陰本線上にあるマンションは高く売れます。

特に松江駅、出雲市駅のマンションは売れやすいです。

2-3.[特徴3]断熱性が高い

島根県では、冬場に雪が降ることも珍しくありません。

特に雪が降りやすく寒さが厳しい地域では、マンションの断熱性が重要視される傾向があります。

2-4.[特徴4]商業施設が近い

駅ビルやスーパー、コンビニが近くにあり、日常の買い物に困らないマンションは、買い手がつきやすい傾向にあります。

徒歩何分圏内に商業施設があるか、売却の際にアピールポイントとして伝えるのが高く売るコツです。

2-5.[特徴5]使いやすい間取り

生活動線が優れている使いやすい間取りのマンションは、高く売れます。

その理由としては、リフォームしやすい間取りや水回りの配置になっていると、将来売却する際に買い手が付きやすいからです。

3.島根県で売れにくい中古マンションの特徴(2023年度版)

【2023年度版 島根県で売れにくい中古マンションの一般的な特徴 一覧表】
説明
専有面積が狭い ・住居人数に対して専有面積が足りない
・一つの部屋が狭い、部屋数が足りない
主要沿線上にない ・山陰本線上にない
・松江駅・出雲市駅にアクセスしにくい
断熱性が低い ・断熱性が十分でない
・気密性が低い
商業施設が遠い ・ショッピングモールが近くにないなど買い物に不便な立地
使いづらい間取り ・生活動線が悪い
・壁が少なすぎる

以下の章で、これらの特徴について詳しく解説します。

3-1.[特徴1]専有面積が狭い

島根県の平均専有面積は約73㎡となっており、この広さがない狭いマンションは売れにくいことが多いです。

3-2.[特徴2]主要沿線上にない

島根県の主要路線である山陰本線上にないマンションは売れにくい傾向にあります。

特に松江駅、出雲市駅から遠い物件は売りにくいです。

3-3.[特徴3]断熱性が低い

一般的に、雪が多く降る地域では、マンションの断熱性が低いと売れません。

特に日本海沿いでは雪の量が多く寒さが厳しいため、寒さ対策がされているかどうかは重要なポイントとなります。

3-4.[特徴4]商業施設が遠い

一般的に、マンションは利便性の良さで選ばれることが多いため、スーパーやショッピングモールなど商業施設が近くにない物件は人気がありません。

3-5.[特徴5]使いづらい間取り

家事動線が悪い、家具の配置に困るような縦に長い部屋、壁が少なすぎる部屋などは、売れにくい物件になります。

長く住むにあたって寛げて快適に過ごせそうといったイメージができないマンションだと、なかなか買い手が付きません。

4.【事例で解説】島根県で売れにくい中古マンションを売るための対策方法3つ(2023年度版)

島根県で売れにくい中古マンションを売るための対策法3つについて、実例でご紹介いたします。

その方法は、次のとおりです。

【2023年度版 島根県の売れにくい中古マンションを売る対策方法の例】
対策方法(例)
専有面積が狭い ・ニーズに合った買い手を探す
主要沿線上にない ・周辺環境の良さをアピールする
断熱性が低い ・価格を下げる

〈事例1〉
専有面積が狭い場合の成功事例

〈概要〉

売主Tさんは、松江市にある専有面積が50㎡のマンションを売りたいということでした。専有面積が狭い物件でしたが、単身者や夫婦向けに宣伝したところ、購入希望者が現れました。

〈売れたポイント〉

・ニーズに合った買い手を探す
延床面積が狭いとしても、ニーズにマッチした買い手を見つけることで売却に繋げられます。そのためには、地域の不動産事情や売却に詳しく、見込み客を多く抱えている不動産会社に売却を依頼することが大事です。

地元に詳しい不動産会社に相談して宣伝するターゲット層を絞り、適正な価格で売り出すことで買い手が早く見つかります。

〈お客様の声〉

東京の方へ転勤することになったので、松江市のマンションを売却することにしました。専有面積が狭いことがネックで不動産会社の方に相談したところ、「単身者や夫婦向けに売り出せば問題なく売れる」と言っていただき、そうしていただいたところ、無事売却することができました。

〈事例2〉
主要沿線上にない場合の成功事例

〈概要〉

売主Fさんは父から相続した松江市内のマンションを売却することにしました。松江駅から徒歩25分かかる場所にあったため、売りにくいのではないかと心配していらっしゃいましたが、周辺に商業施設や医療機関が充実していることなどをアピールしたところ、売却することに成功しました。

〈売れたポイント〉

・周辺環境の良さをアピールする

駅から近く、主要駅までのアクセスが便利であればあるほど、高額かつ早く買い手が見つけることができます。

しかし、そうでないからと言って売却ができない訳ではありません。駅が遠くても、マンション周辺に生活に必要な施設などが充実している場合はアピールポイントとなります。

〈お客様の声〉

父から相続したマンションを売却することにしました。松江駅から遠い立地ということもあり、買い手がなかなかつかないのではないかと思っていましたが、周辺に商業施設や医療機関が充実していたことで購入希望者が現れました。

〈事例3〉
断熱性が低い場合の成功事例

〈概要〉

売主Sさんは住み替えのため、出雲市のマンションを売りに出すことにしました。古い物件で断熱性が低かったため、リフォームを入れることを検討されていましたが、費用がかなり高くつきそうだったので、その費用分、価格を下げて売りに出すことにしたところ、リフォームを前提に物件を探している買い手が見つかりました。

〈売れたポイント〉

・価格を下げる
寒い地域にある物件の場合、断熱性は重要なポイントになります。しかし、断熱性を上げるためのリフォームは費用がかなりかかることが多いため、その分高く売れる見込みがない場合は、あまりおすすめではありません。

そのような場合は、相場よりも価格を下げて、リフォームすることを前提で家を探している買い手に向けてアピールすると、売れやすくなる可能性が高くなります。

〈お客様の声〉

住み替えのため、出雲市のマンションを手放すことにしました。断熱性の低い物件だったのでリフォームを入れようと最初は思っていたのですが、費用が思ったよりかかることが分かり、リフォームをやめて、リフォームにかかる費用分、価格を下げて売りに出すことにしました。良い売却ができたと感じています。

不動産売却情報サイト イクラ不動産 ライター募集!!