【2023年度版 詳細解説】島根県の中古戸建て売却価格相場・動向

7で読める
【2023年度版 詳細解説】島根県の中古戸建て売却価格相場・動向

この記事では、島根県の

  • 中古戸建ての売却成約までにかかった期間及び売却価格・相場の動向

という中古戸建てを売る際に知っておきたい基本情報に加えて、

  • 高く売れる中古戸建ての特徴
  • 売れにくい中古戸建ての特徴
  • 売れにくい中古戸建てを売るための対策方法

について知ることができます。

島根県の「戸建ての売却相場・動向データ」や「売却実績事例データ」を知りたい方は、「島根県の土地・中古戸建て売却価格の相場と動向をやさしく解説」に掲載しているので、ぜひご覧ください。

もくじ

この記事のポイントまとめ

1.【2023年度版】島根県の中古戸建てが売却成約までにかかった期間及び売却価格・相場の動向

売却成約までにかかった期間は平均約6.6ヵ月、平均売却価格は約1,307万円です。

また相場の動向は、おおまかに以下のとおりです。

  • 前年に比べ売却価格は、約8.6%上昇
  • 前年に比べ成約した物件の㎡単価は、約1.8%上昇
  • 前年に比べ成約件数は、約3.1%上昇

詳しくは、「1.【2023年度版】島根県の中古戸建てが売却成約までにかかった期間及び売却価格・相場の動向」をご覧ください。

2.島根県で高く売れる中古戸建ての特徴(2023年度版)

島根県で高く売れる中古戸建ての一般的な特徴は以下のとおりです。

  • 松江市、出雲市に近い
  • 築5年以内の物件
  • 断熱性が高い
  • 商業施設が近い
  • 外観・内観の状態が良い

上にあげたような特徴が多くあてはまり、なおかつ「駅や高規格道路などが近くにある生活しやすい立地」に建っている中古戸建ては査定額が高くなります。

詳しくは、「2.【チェックリスト付き】島根県で高く売れる中古戸建ての特徴(2023年度版)」をご覧ください。

3.島根県で売れにくい中古戸建ての特徴(2023年度版)

島根県で売れにくい中古戸建ての特徴としてあげられるのは、一般的に次のようなものです。

  • 松江市、出雲市から遠い
  • 築年数が古い
  • 断熱性が低い
  • 商業施設が近くにない
  • 外観・内観の状態が悪い

詳しくは、「3.島根県で売れにくい中古戸建ての特徴(2023年度版)」をご参照ください。

4.【事例で解説】島根県売れにくい中古戸建てを売るための対策方法3つ(2023年度版)

島根県で売れにくい中古戸建てを売るための対策方法3つについて、実例でご紹介いたします。

主な対処方法は、次のとおりです。

【2023年度版 島根県で売れにくい中古戸建てを売る対策方法の例】
対策方法(例)
松江市、出雲市から遠い ・移住したい人にアピールする
築年数が古い ・リフォームを提案して売却する
断熱性が低い ・相場よりも価格を下げる

4.【事例で解説】島根県で売れにくい中古戸建てを売るための対策方法3つ(2023年度版)」の章で、詳しくご覧いただけます。

1.【2023年度版】島根県の中古戸建てが売却成約までにかかった期間及び売却価格・相場の動向

1-1.【2023年度版】島根県の中古戸建てが売却成約までにかかった期間

【2023年度版 島根県の中古戸建ての売却成約までにかかった期間】
島根県平均
戸建ての売却成約までにかかった期間 約6.6ヵ月

不動産の売れやすさは「マンション>戸建て>土地」の順になっています。

中古戸建ては、空き家になっている相続物件を売却する場合など、急いで売る必要がないケースも含まれるため、マンションよりも売却期間が長くなりがちです。

島根県の物件は全国でも多い方ではなく、売買も活発ではありません。

参考として実際に売却成約した売主のアンケートを見ると、約6割近くが売却に6ヵ月〜1年かかっていることがわかります。

【2022年度版 島根県の中古戸建ての売却成約までにかかった期間アンケート】
順位 売却にかかった期間 割合
1位 6ヵ月以内 30.6%
2位 1年以内 28.7%
3位 3ヵ月以内 22.8%
4位 2年以内 12.6%
5位 2年以上 5.3%

※イクラ不動産の利用者アンケートより

1-2.【2023年度版】島根県の中古戸建ての売却価格・相場の動向

【2023年度版 島根県の中古戸建ての売却価格・相場】
島根県平均
戸建て売却価格・相場 約1,307万円

2023年現在、島根県の中古戸建て相場の動向は次のような傾向です。

〈2023年度版 島根県の中古戸建て相場の動向まとめ〉

  • 前年に比べ売却価格は、約8.6%上昇
  • 前年に比べ成約した物件の㎡単価は、約1.8%上昇
  • 前年に比べ成約件数は、約3.1%上昇

【主な要因】

  • 島根県の人口は減少傾向にあるが、世帯数は増えている
  • IターンやUターンを含む移住者の誘致に力を入れている

島根県は全国の都道府県で2番目に人口の少ない県です。人口は減少傾向ですが世帯数は増加しており、さらに移住者数も増加傾向にあります。これは、島根県が移住者向けのサイトを公開するなど、IターンやUターンを含む移住者の誘致を積極的に行っている成果だと言えるでしょう。

また、島根県の県庁所在地である松江市は、経済産業省により全国一暮らしやすい街に選ばれており、特に人気です。近年では隠岐群も移住者に注目されているエリアで、海土町は人口の約20%を移住者が占めています。

島根県では持家率が高く、マンションより戸建ての方が取引が活発です。6LDK〜7DKの物件や、築年数50年越える物件も取引されています。県庁所在地のある松江市が一番物件数が多く相場も高くなっており、次いで取引が多いのが出雲市です。

また、以下のようなエリアの住宅需要・地価が高まっています。

〈住宅需要・地価が高まっているエリア〉

1.松江市
⇒公的機関や商業施設が充実しているエリア
2.出雲市
⇒出雲市駅周辺エリア【主な要因】

  • 生活に便利で、住みやすい場所が好まれる傾向がある
  • 移住者支援があり、子育て世帯に人気のエリア

一戸建ての売却期間については、「一戸建ての売却期間はどれくらい?特徴を掴んでスムーズに進めよう」で詳しく説明しているので、ぜひ読んでみてください。

島根県松江市ホームページ「「暮らしやすさ」日本一!」

2.【チェックリスト付き】島根県で高く売れる中古戸建ての特徴(2023年度版)

基本的に中古戸建ては「駅や商業施設が近くにある立地」でないと高く売れません。なぜなら中古戸建ての価格は主に土地の価格相場動向に左右されるため、そのような立地でないと土地の価格が上がらないからです。

島根県では以下のような特徴に多くあてはまっているほど査定額が上がります。

【2023年度版 島根県で高く売れる中古戸建ての一般的な特徴 チェックリスト】
チェック項目 チェック
松江市、出雲市に近い ・山陰本線沿い
・松江駅、出雲市駅にアクセスしやすい
築5年以内の物件 ・築年数が5年以内の物件
断熱性が高い ・断熱工事がされている
・気密性が高い
商業施設が近い ・スーパーやショッピングモールなどの商業施設が近くにある
外観・内観の状態が良い ・屋根、外壁の状態がいい
・内装が綺麗

以下の章で、これらの特徴について詳しく解説します。

2-1.[特徴1]松江市、出雲市に近い

オフィス等が集合して人口が多い松江市や出雲市へのアクセスが良い場所にある戸建ては、人気があり高く売れやすいです。

特にバスや電車などの交通の便が良い松江駅、出雲市駅に近いエリアは売れやすいです。

2-2.[特徴2]築5年以内の物件

築年数が浅い戸建てのほうが、一般的に築年数が古い戸建てよりも高く売れます。

家の建物部分の経年劣化に加え、家をはじめとする建築物は減価償却の対象のため、例えば非事業用(居住用)の木造建築であれば、法定耐用年数である33年が過ぎると固定資産としての価値がほぼゼロになります。

用語解説

  • 減価償却……資産は経年によりその価値が減っていくという会計上の考え方
  • 法定耐用年数……減価償却の対象資産が、利用に耐えると見なされる会計上の年数。実際に使えなくなったり壊れたりする年数ではない

2-3.[特徴3]断熱性が高い

島根県では、冬場に雪が積もることも珍しくありません。特に降雪量が多い地域では、戸建ての断熱性が重要視される傾向があります。

2-4.[特徴4]商業施設が近い

駅ビルやスーパー、コンビニが近くにあり、日常の買い物に困らない戸建ては、買い手がつきやすい傾向にあります。

徒歩何分圏内に商業施設があるか、売却の際にアピールポイントとして伝えるのが高く売るコツです。

2-5.[特徴5]外観・内観の状態が良い

屋根、外壁、内装など、家全体の状態が良い戸建ては人気があります。一般的に築10年以内の戸建てのほうが買い手がつきやすい傾向がありますが、状態を良く保った物件であれば、築20年以上の物件でも買い手がつきやすいです。

実際に、島根県内の取引のあった平均築年数は約31年と、比較的築年数が長い物件も取引が多くされています。

3.島根県で売れにくい中古戸建ての特徴(2023年度版)

【2023年度版 島根県で売れにくい中古戸建ての一般的な特徴 一覧表】
説明
松江市、出雲市から遠い ・主要都市から離れると取引件数が少ない
築年数が古い ・築30年以上
・外観、室内の状態が良くない
断熱性が低い ・断熱工事されていない
・気密性が低い
商業施設が遠い ・ショッピングモールがないなど買い物に不便な立地
外観・内観の状態が悪い ・老朽化が目立つ
・設備やシステムが古い

以下の章で、これらの特徴について詳しく解説します。

3-1.[特徴1]松江市、出雲市から遠い

松江市、出雲市などの主要都市から遠く離れている場所にある戸建ては、売れにくい傾向にあります。

島根県では、通勤や通学に便利な交通の便が良い戸建てのほうが好まれる傾向にあるため、条件を満たしていない戸建ては売れにくく、売れても高値はつきにくいです。

3-2.[特徴2]築年数が古い

建てられてから30年以上経っている場合、戸建てとしての価値や価格はほとんどなくなります。

さらに老巧化が目立っていたり、設備やシステムが古いとなかなか買い手がつきません。

3-3.[特徴3]断熱性が低い

一般的に、雪が多く降る地域では、戸建ての断熱性が低いと売れません。

島根県では、特に日本海沿いでは雪の量が多く寒くなるため、断熱工事されているかは重要なポイントとなります。

3-4.[特徴4]商業施設が遠い

生活に欠かせないスーパーやショッピングモールなどへのアクセスが悪く、車で30分以上かかるような立地の場合は買い手が見かりにくいです。

3-5.[特徴5]外観・内観の状態が悪い

「外観や室内の状態が悪い」「雨漏りがある」といった建物の不具合が出てくるというのが一般的に古いと売れにくくなる理由です。

また、建築基準法が改定された1980年以前に建てられた家の場合、現在の耐震基準が満たされていない場合があるため買い主から警戒されます。

リフォームやリノベーションを施す、構造検査や耐震検査(ホームインスペクション)を実施して補強するなどの対策を講じましょう。

耐震基準については「旧耐震基準の家を売却したい!高く売るためにできることとは」、ホームインスペクションについては「家を売却するときホームインスペクションをするべき?注意点を解説」をぜひ読んでみてください。

用語解説

  • ホームインスペクション……中古住宅の売却前に、第三者の住宅建築の専門家などが行う調査のこと

4.【事例で解説】島根県で売れにくい中古戸建てを売るための対策方法3つ(2023年度版)

島根県で売れにくい中古戸建てを売るための対策法3つについて、実例でご紹介いたします。

その方法は、次のとおりです。

【2023年度版 島根県の売れにくい中古戸建てを売る対策方法の例】
対策方法(例)
松江市、出雲市から遠い ・田舎に移住したい人にアピールする
築年数が古い ・リフォームを提案して売却する
断熱性が低い ・相場よりも価格を下げる

〈事例1〉
松江市、出雲市から遠い場合の成功事例

概要

売主Uさんは、隠岐郡海士町の築40年の戸建てを売りに出すのに、移住者に向けて広告を打つことにしました。移住希望者へ物件だけでなく町の情報をきちんと伝えていくことで、納得のいく売却になりました。

〈売れたポイント〉

・移住したい人にアピールする

松江市や出雲市などの主要都市から遠い郊外にある戸建ての場合、買い手がなかなかつきません。県外の移住希望者に向けた売却が得意な不動産会社に相談することも検討してみましょう

お客様の声

数年前に相続したまま放っておいた家を売ってしまおうと考えました。急いではなかったので、本当にここに住みたい人が来て町を盛り上げてくれたらいいなと、移住者に向けた不動産売却を取り扱っている不動産会社に売却を依頼して、時間をかけて買ってくれる人を見つけました。

〈事例2〉
築年数が古い場合の成功事例

概要

売主Mさんが住んでいた松江市の戸建ては、築40年という古い物件でした。売りに出すのに建物を壊すべきか悩んでおられましたが、不動産会社に相談したところ、リフォームを前提に探している買い手を探すことになり、時間がかかりましたが無事に売ることができました。

〈売れたポイント〉

・リフォームを提案して売却する

戸建ての購入希望者の中には、古い物件を購入してから思い通りにリフォームしたいという人も多いです。外観まで新しくできなくても、室内や水回りがきれいになっていれば、買い手は現れやすくなります。

売却前に売主側でリフォームをしてしまうとリフォーム費用がかかるだけでなく、このようなニーズのある買い手を逃してしまうことになりかねません。あらかじめいくつかのリフォーム案を作成しておき、購入希望者に提示しながらアピールするというのも一つの手です。

お客様の声

両親と実家で同居することになったので家を売ることにしました。古い家でしたから、家を解体するべきか不動産の方に聞いたら、リフォームを前提に古い物件を探している買い手に向けて売却活動をしてくれることになりました。今風のリフォーム案を物件情報に付けて売りに出したところ、移住先として古い家を探しているという買い手が見つかりました。

〈事例3〉
断熱性が低い場合の成功事例

概要

売主Iさんは、住み替えのため出雲市の築30年の4LDKの家を売りに出しました。古い建物で断熱性が低かったためリフォームも検討されましたが、費用がかなり高くなりそうだったので、その費用分、価格を下げて売りに出したところ、リフォームを前提に物件を探している買い手が見つかりました。

〈売れたポイント〉

・相場よりも価格を下げる

寒い地域にある戸建ての場合、断熱性は重要なポイントになります。しかし、断熱性を上げるためのリフォームは費用がかなりかかることが多いため、その分高く売れる見込みがない場合は、あまりおすすめではありません。

そのような場合は、相場価格よりも価格を下げて、リフォームすることを前提で家を探している買い手に向けてアピールすると、売れやすくなる可能性が高くなります。

お客様の声

出雲市の古い家を売りに出してもなかなか売れなかったので、どうしたらいいか不動産会社に相談したところ、断熱線が悪い家なので価格を下げてみたらどうかと言われました。最初は抵抗がありましたが売れないと話にならなかったので、結果的に下げてよかったです。

不動産売却情報サイト イクラ不動産 ライター募集!!