お金が必要!家をとにかく早く売る方法と注意点をわかりやすくまとめた

4で読める
お金が必要!家をとにかく早く売る方法と注意点をわかりやすくまとめた

まとまったお金が必要になったので、急いで家を売らないといけなくなったのですが…
とにかく早く少しでも高く売るにはどうすればいいでしょうか?

こちらは、イクラ不動産をご利用いただいたお客様の実際のご相談内容になります。
※イクラ不動産は不動産会社ではなく、無料&匿名で不動産の相談・会社選び・査定ができるサービスです。

急にまとまった現金が必要になった場合、買取を利用すれば不動産をすぐに現金化できます。ただし、仲介でも売り方を工夫すれば早く売ることが可能です。

こちらでは、家を早く売る方法についてわかりやすく説明します。

この記事はこんな人におすすめ!
まとまったお金が必要になったので、すぐに家を売ってお金を作りたい人
家やマンションを少しでも早く、またできれば少しでも高く売りたい人
不動産を即現金化する際の注意点や不動産会社の選び方を知りたい人

1.家の売却にかかる時間

まず、一般的な売却方法である「仲介」で家やマンションを売りに出した場合、どれくらいの期間が必要かをみていきましょう。

1-1.家の売却期間は3ヵ月が目安

こちらは不動産ポータルサイトSUUMOが2010年に調査した売却の成約までにかかった時間(822件の回答)の回答です。

売却の成約までにかかった時間

  • 2週間未満 7%
  • 2週間以上1カ月未満 13%
  • 1カ月以上2カ月未満 21%
  • 2カ月以上3カ月未満 18%
  • 3カ月以上6カ月未満 20%
  • 6カ月以上1年未満 11%
  • 1年以上 10%

仲介で売却する場合は、3ヵ月が一つの目安です。

実際、3ヵ月未満で売却した人が全体の半数以上(59%)ですが、一方で3ヵ月以上も41%あります。つまり、3ヵ月はあくまでも目安であり、実際にはいつ売れるかわからないのが不動産だと言えるでしょう。

1-2.売却代金を受け取れるのは契約から1〜2ヵ月後

これらの結果から、「そうか、早ければ2週間未満で売れるのか」と思われるかもしれませんが、2週間で現金化できるわけではありません。上記の「成約」という単語は、不動産契約の時を意味しており、不動産契約時には手付金しかもらえないからです。

代金が全額もらえるのは引渡しのときですが、一般的に契約から約1~2ヵ月ほどかかります。条件交渉にもよりますが、1ヶ月でも早い方でどれだけ早くても2週間はかかります。買主が住宅ローンを利用する場合は、2週間ではまず不可能です。

不動産の売却でお金がいつもらえるかについては、「【不動産売買】家を売ったらお金はいつもらえる?」で詳しく説明しているので、ぜひ読んでみてください。

MEMO

成約とは?

不動産における成約(せいやく)とは、不動産契約が成り立つ(結ぶ)ことを意味します。

成約はいつ?

2.売出価格を下げるほど早く売れる

売却期間と成約価格との関係は反比例です。つまり、不動産は売却期間が長くなるほど成約価格が下がります

中古マンションの売出価格と成約価格の乖離率

こちらは、三大都市圏(東京圏・近畿圏・中部圏)での中古マンションが、売出価格と成約価格にどれだけの値引きがあったのかを示しています。

3ヵ月経っても売れないのであれば、1割(10%)以上の値段を下げないと売れないことがわかります。市場の原理でいうと、売れないということは、その価格では需要がないということであり、値下げが必要です。

このように、「できるだけ高く」と「できるだけ早く」は反比例しているので、どちらも手に入れることはかなりむずかしいと言えます。

つまり、「できるだけ早く」売って現金化するためには、実際に売れるであろう金額である「相場価格」を見極めて売出し価格を設定する必要があります

その場合、家を売る方法自体は普通の不動産売却と同じです。不動産の売却の流れについては、「不動産売却の流れをイラスト解説!初めて売るなら何から始めるべき?」で説明してるので、ぜひ読んでみてください。

売却期間のタイムリミットは、現金がいつまでに必要かによります。

売却理由と売却時間

査定価格とは、おおむね3ヶ月以内に売れるという金額のため、それよりも早く売りたければ、査定価格よりも下げて売りに出す必要があります。

売却理由と成約価格

一刻も早く売るためには、価格を下げたり価格交渉を受け入れたりする必要があるため、相場価格より安くなるケースが多いといえます。そのため、最初に想定していた売却価格と成約価格とにズレが生じる場合があることも念頭に置いておきましょう。

無料&守秘査定!営業連絡の心配もなし!

査定家を売る相談はこちら

イクラ不動産〜安心して家を売る〜

3.現金化を急ぐなら買取がおすすめ

一刻も早く家を売って現金化したい場合は、仲介ではなく買取の利用がおすすめです。

買取

買取」とは、不動産を市場で売るのではなく、不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。

この方法だと買主を探さなくても良いので、査定が済んだらすぐに家を売ることができます。ただし、買取制度を利用する場合、市場で売る場合に比べて、価格が下がってしまうことが注意点です。

3-1.買取のデメリットは仲介より売却額が安くなること

物件や不動産会社にもよりますが、買取での売却は、仲介で売却するよりも3割程度安くなってしまいます。

そのため、「いつまでに手元に現金が必要」という売却期間が重要です。もし3ヵ月程度の余裕があるならば、仲介で相場価格よりも安めに価格を設定して売りに出すほうが、高く売却できるかもしれません。

また、買取を利用する場合であっても、複数の不動産会社を比較して、できるだけ高く買い取ってくれる不動産会社を探して契約しましょう。

くわしくは、「「家を高く買取ってもらう方法」を元不動産屋が教えます!」で説明しているので、ぜひ読んでみてください。

無料&守秘査定!営業連絡の心配もなし!

査定家を売る相談はこちら

イクラ不動産〜安心して家を売る〜

4.価格設定について

家を早く売りたいときの適正な価格はどのくらいでしょうか。

確かに、安くすれば早く売れることは確かです。しかし、安くしすぎると損してしまったという気分になります。

買取ではなく仲介で売却するのであれば、少しでも早く、高く売るための価格設定が重要です。

査定価格・相場価格・売出価格・販売価格・成約価格

特に住宅ローンが残っている場合、安く売りすぎると危険です。家が売れたらまずは住宅ローンを払わないといけないからです。家を売ったお金でローンを完済できなければ、残ったローンは家の売却後も返済し続けなければなりません。

あまりに多額のローンが残って返済が苦しくなってしまったら、債務整理が必要になってしまうケースもあります。

家を早く売りたいときには、売れる可能性のある相場価格の範囲内で、可能な限り高い売り出し価格を設定し、もし売れなければ価格を下げて、売却のタイミングを逃さないことが重要です。

そのときに重要なのは、いつまでに売却しなければならないのかいつまでに手元に現金が必要かということです。信頼できる不動産会社に売却を依頼し、しっかりと相談しながら売出し価格を決めていきましょう。

5.売却力のある不動産会社に売却を依頼する

少しでも高く売るために家やマンションを市場に出して売るとしても、早く売るためには売買を仲介してもらう不動産会社選びが重要になります。

なぜなら、買主探しや買主との交渉、価格設定などの重要な点で、すべて不動産会社を頼ることになるからです。

入りやすい不動産会社かどうか

複数の不動産会社に査定を依頼すると、同じ物件でも数百万円の差額が出ることも珍しくありません。さらに、売り出し価格を設定するときも、依頼する不動産会社によってつけられる価格が大きく異なります。

集客力や交渉力も異なるので、腕の良い不動産会社に依頼した方が早く高く売れる結果につながるのは言うまでもありません。

複数の不動産会社から査定を取り、家のあるエリアにおける戸建てやマンション売却に強い、優秀な不動産会社を剪定しましょう。

不動産会社の選び方については、「不動産売却はどこがいい?おすすめの不動産会社の選び方」で説明しています。

しかし、高く売ってくれそうな不動産会社に目星をつけて1社ずつ連絡していくのは、時間も労力もかかって大変です。とは言え、一括査定サイトに登録すると、あちこちの不動産会社から営業の連絡が来て対応に追われることになってしまいます。

そのようなときにおすすめなのが、売主様の味方「イクラ不動産」です。

イクラ不動産では、独自のシミュレータを使って簡単に素早く相場価格を調べられるだけでなく、売りたい家やマンションの近くにある地元で売却力のある不動産会社を選ぶことができます。

さらに、売却や不動産会社選びでわからないことや不安なことがあれば、宅建士の資格を持ったイクラの専門スタッフにいつでも無料で相談できるため、安心して売却を進めることができるのです。

無料&守秘査定!営業連絡の心配もなし!

査定家を売る相談はこちら

イクラ不動産〜安心して家を売る〜

まとめ

家やマンションを市場に出して仲介で売却すると、どれだけ早くてもお金を得るまでに数ヵ月かかってしまいます。

とにかく早く売って現金化したい場合は、仲介ではなく買取の利用がおすすめです。

しかし、買取だと相場価格の7割程度の売却額になってしまうため、少しでも高く売りたい場合には適しているとは言えません。

数ヵ月の猶予があるのであれば、売却力のある不動産会社に仲介での売却を依頼して、相場価格よりも少し安めに売り出してもらうと良いでしょう。

その際に重要なのは、少しでも高く売るためには家の相場価格を知らなければならないことと、売却実績と売却力のある信頼できる不動産会社を選ぶことです。

お家を少しでも早く売りたいという人は、まず「イクラ不動産」でご相談ください。無料&秘密厳守で、売却事情に応じて自分にピッタリ合った不動産会社を選べます。

不動産売却情報サイト イクラ不動産 ライター募集!!