不動産屋さんに行かなくても相談できる「イクラ不動産」登場!24時間以内に価格がわかる

越境物のある家を売却することはできるの?その方法を知っておこう

4で読める
越境物のある家を売却することはできるの?その方法を知っておこう

隣家の屋根が越境している家を売却したいと思っています。私としては、今まで気にしてなかったのですが、売却するとなると買い手がつくのかどうか不安です…

ご相談ありがとうございます🙇‍♀️
越境物がある家を売却する場合、不動産会社が間に入って対応してくれますが…

こちらは、イクラ不動産をご利用いただいたお客様の実際のご相談内容になります。
※イクラ不動産は不動産会社ではなく、無料&匿名で不動産相談ができるLINEサービスです。

越境物がある家を売却するには、隣家と越境について協議し、事実確認をしっかりとしておくことが重要です。

また、協議の対象となるのは、隣家の所有者だけでなく、越境物が関わっている全ての所有者となるので、越境の範囲が広い場合は、売却に時間を要する可能性も出てくることがあります。

そこでこちらでは、越境物にはどういったものがあるのか、また、越境物がある家をスムーズに売却するためにどのように対処しておく必要があるのかについてわかりやすく説明します。

イクラ不動産登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

※イクラ不動産はLINEサービスの名称で
不動産会社ではありません

LINEで家を売る相談お家の相談をはじめる

越境とは

越境(えっきょう)とは、建物や建物の付属物が、敷地境界線を越えて隣合う土地の持ち主の所有権を侵害していることを言います。

越境は、塀など地上で境界線を越えているものだけでなく、

  • 樹木の根や枝、屋根
  • 地中にある給排水管

など空中や地中も対象です。

売却予定の家または隣家が越境している家を売却する場合、将来的に大きな問題になることがあるため、売却前に対処しておくことが大切です。

まずは、どのような状態が越境となるのか、どのように対処すればよいのか解説していきます。

塀の越境がある場合の注意点

塀の越境とは、木やコンクリートの塀、フェンスなどが隣の家との境界線を越えて、建設されている状態です。

塀の越境は目視でわかる場合もありますが、測量士に計測を依頼しないと判明しないこともあります。

ヒグチ(宅地建物取引士)
注意が必要なのは築年数が建っている家です

新しく建てられた家は境界線を明示されていることが多いですが、数十年前は塀などを建てることで境界を示していました。

しかし、第三者に売却されたり、世代交代された家の場合、塀のみでは境界線が不明確です。

塀の越境と境界線

塀を建てた時の当事者がすでに亡くなっていたり、第三者に売却されていたりすると、隣家との境界に認識のずれが生じます。

そのため、建て替えで塀を取り壊す時などにトラブルになりやすいのです。

樹木の越境は「枝」か「根」で異なる

樹木の越境は、樹木の枝または根のどちらが隣家から出ているのかで規定が異なります。

枝があなたの敷地まで伸びている場合は、無断で切ることができません

勝手に切ってしまうと不法行為になり、最悪の場合、損害賠償請求される可能性があるので注意が必要です。

枝の越境

また、剪定(せんてい:枝の一部をはさみ切ること)を要求する際も

  • 枝の越境で玄関などの出入り口が使えなくなる可能性が高い
  • 越境している枝からの落ち葉で排水口が詰まった
  • 枝が越境していることが原因で、屋根や外壁に傷がついた

など明確な被害がない限り、認められないケースもあります。そのため、勝手に切ることはせず、まずは隣家へ剪定を依頼しましょう。

一方で隣家の樹木の根が、土の中であなたの敷地に伸びている場合、

「隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。(民法233条)」

と定められています。

根の越境

しかし、あなたが樹木の所有者だった場合、越境しているからという理由で勝手に切られてしまったらどうでしょうか。

たとえ法律に根拠があったとしても、一度樹木の所有者へ相談することで、大きなトラブルを避けることができます。

万が一、越境している根を勝手に切ってしまい、樹木が枯れてしまった場合も、損害賠償請求されてしまう可能性があるので、枝の場合も根の場合もまずは樹木の所有者に相談しましょう

地中にある給排水管の越境

隣家に囲まれて道路に面していない袋地にある家や、私道に面している家などは、給排水管が越境している可能性があります。

給排水管は地中にあるため、目視で確認することはできません。水道局から配管図などを取得して、初めて事実を知るケースも多いです。

配管の越境

ただしこの場合、配管工事の際に敷地の所有者に許可を得ている可能性が高いので、当時の書類がないか確認してみましょう。

中古住宅の売却であれば、やむを得ない場合が多く、新たに給排水管を引き直す必要がない可能性が高いです。

一方、新築を建設する場合は、基礎工事で地面を掘り起こすなど大がかりな工事となるため、隣家との協議が必要です。

建物の越境

建物の越境とは、屋根や出窓の一部など、建物自体が越境している状態のことです。

屋根などの建物の越境

売却するあなたのお家が隣に越境している場合は、現状はこのままにしておき、建て替えの際に敷地内に建てることで、隣地の所有者・売主・買主で承諾できればそれほど問題にはなりません。

越境されている場合は、売却が不利になる可能性も

一方、隣の家の建物があなたの敷地に侵入している場合は、売却する上で不利になる可能性もあります。

たとえば、買主が売買契約後、家を取り壊して新築を建てる場合、隣家の建物が越境していると、敷地内に2つの建物が存在している状態になります。

建築基準法では、1つの敷地に1つの建物という「一敷地一建物」の原則があり、2つの建物がある場合は、建築確認申請や完了検査に合格しない可能性があります。

完了検査に合格していない物件は、住宅ローンの審査に通らないだけでなく、越境部分を敷地面積から除いて建設しなければならないため、家を小さくしなければならないケースもあるのです。

イクラ不動産登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

※イクラ不動産はLINEサービスの名称で
不動産会社ではありません

越境物のある家をスムーズに売却する方法

越境している家をスムーズに売却するには、どのように対処しておく必要があるのか確認しておきましょう。

売却前に境界確認しておく

境界確認は、専門家に測量を依頼し、どこからどこまでがあなたの所有物なのかを隣地所有者(民・官)立会いのもとに境界を確定させます。この時に作成される図面が境界確定図です。

越境確認

仮に、家を購入した当時の境界確定図がある場合でも、売却時に再度確認しておくことをおすすめします。理由は、古い境界確定図の場合、当時と測量技術に差がある可能性があるからです。

万が一、売却後に買主が建て替えする際に、当時の境界と大きな差があったことが判明し、測量した土地の面積が小さくなってしまった場合、予定していた大きさの家を建てられないことも考えられます。

契約で説明を受けた内容と実態が違う場合、契約解除だけでなく損害賠償請求される可能性もあるため十分に注意が必要です。

売却前に境界確認と越境確認を依頼し、越境の状況や敷地面積を正確に買主へ説明することが必要です。

正確な境界確認ができていれば、越境している家でも買主が安心感を抱いて、短期間で売却できる可能性も高まります。

参考 境界の種類と調査方法について解説!イクラちゃんねる

越境問題をできるだけ解決しておく

ヒグチ(宅地建物取引士)
売却する家に越境の問題がある場合、買い手にとっては不安要素です…

そのため、可能な限り売却前に越境状態を解消しておくと、スムーズな売却につながります。

しかし、越境状態の解消には隣家の協力が必要です。越境している屋根部分の切断工事を依頼したり、樹木の剪定を依頼するなど、手間がかかることも多いです。

そのため、日ごろから隣家とコミュニケーションを取っておくと、協議もスムーズになります。

すぐに解決できない場合は「覚書」を交わす

覚書とは、互いに合意した内容を確認したり、結んだ契約についての補足や変更などについて記載した書類のことです。

覚書を作成しておくことで、当事者間で越境を認識し、現状のままで良いという合意がされた証拠となります。

覚書には以下の内容などを記載しておきましょう。

  • 屋根や樹木などが越境していること
  • 境界線を示すこと
  • 将来建て替えを行う時などに越境を解消すること
  • 所有者が第三者に変わった場合でも記載内容を継承すること

覚書があることで、認識のずれによるトラブルを防ぐことができます。売却前には必ず覚書を作成し、内容を買主へ継承することが大切です。

イクラ不動産登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

※イクラ不動産はLINEサービスの名称で
不動産会社ではありません

まとめ

いかがでしたでしょうか。

越境物がある場合、なかなか今すぐに解消するのは難しいことが多いです。その際は、必ず関わる所有者全員との現状確認と越境物をどうするのか話し合い、覚書を交わす必要があります。

覚書の交付や境界確認などは、売却を依頼した不動産会社が間に入って行ってくれますが、

ご主人様
越境はしていない!
奥様
立ち合いには協力しません

など、隣地の協力が得られないケースや関わる所有者が多ければ多いほど調整がうまくいかず、なかなか売却がスムーズに進まないというケースも決して珍しくありません。

越境や境界は、非常にデリケートな問題ですので、しっかりと対応してくれる不動産会社を選ばなければ、売却に大きな影響を受けてしまうので注意が必要です。

越境物がある家を売却したいけど、どうしたらいいのかわからないという方やしっかりとした対応をしてくれる不動産会社を紹介してほしいという方は「イクラ不動産」にご相談ください。

売却に関するご相談はもちろん、無料で不動産会社を紹介してもらうことも可能です。また、いくらぐらいで売れるのか査定をしてもらうこともできます。お気軽にお問い合わせください。

イクラ不動産登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

※イクラ不動産はLINEサービスの名称で
不動産会社ではありません

スマホ一つで、もっと気軽に家を売る相談をしましょう

40代女性(東京都・戸建)
自宅売却にあたりイクラ不動産を目にし、東京と大阪で離れているし最初はスマホで相談なんて大丈夫かな…と思いましたが、 よくある不動産屋さんの査定よりよほど丁寧で親切で、的確なお話をして頂きました。
何より、消費者の立場に立った目線でお話頂けたので、その後の不動産会社選びに大いに参考になりました。
30代男性(大阪府・マンション)
無料にもかかわらず非常に有益な情報を提供して頂きました!
おかげさまで非常に高額な金額でスムーズに自宅を売却することができました。
ありがとうございました!
60代女性(兵庫県・戸建)

一人暮らしの母が高齢になり、家を売却することになり、どうしたらいいのかわからなくて、困ってました!
息子の紹介でイクラ不動産を知る事ができて、とてもよかったです!

はじめは、スマホ?LINE?とちょっと不安でしたが、売却する家に適した不動産屋をご紹介していただきまして、感謝しております!

はじめは、自動的にお返事が入るのかなぁ?と思っていましたが、そうではなく、丁寧にお返事をしていただいて、とても助かりました!

無事に家も売却の契約ができる事になりました!ありがとうございました!
また、知人に家を売却するかたがいたら、ぜひご紹介したいです!

30代女性(鹿児島県・戸建)
非常にイレギュラーな不動産売却だった為、 仮定の話では誰にもどこにも相談できず、ラインでのやり取りだったらと思い相談してみました。
結果、丁寧に査定価格を出してくださり、そのお陰で売却の手続きに思いきって踏み込むことが出来ました。
そして、短期間高額にて売却できました。
50代女性(宮城県・戸建)
初めはスマホやLINEで大丈夫なのかなとも思ったのですが申し分ありませんでした。
迅速で丁寧なご対応をいただきLINEであっても実に分かりやすくご教示くださいました。
LINEも自動応答などではなく最初から体温の感じられる対応をしていただけます。
なによりもしつこさや強引さがひとつもありません。

※実際にいただいたGoogle口コミ

利用者、続々! 嬉しい口コミも多数いただいております

一生に一度あるかの家の売却…
相談したいけど、まだ売るか決まっていないのにいきなり不動産屋さんへ相談へ行くのはハードルが高いものです。
匿名でも大丈夫。

来店不要LINEでご相談
お家の相談をはじめる