不動産屋さんに行かなくても相談できる「イクラ不動産」登場!24時間以内に価格がわかる

離婚したときの養育費はどのようにして決めるのかわかりやすくまとめた

5で読める
離婚したときの養育費はどのようにして決めるのかわかりやすくまとめた

離婚することになりそうです。子どもは私が引き取りますが、夫からいくらくらい養育費を受け取れるか心配です。離婚を機に家を売って養育費に充てたほうがいいのでしょうか?

ご相談ありがとうございます🙂養育費がいくらくらいになるかは、お互いの収入金額により異なります…

こちらは、イクラ不動産をご利用いただいたお客様の実際のご相談内容になります。
※イクラ不動産は不動産会社ではなく、無料&匿名で不動産相談ができるLINEサービスです。

離婚したいが子どもの今後を考えるとなかなか踏み切れない…というのはよくあることです。

子どもがいると教育費などにお金がかかるため、離婚のときに養育費の話をすることは避けて通れません。

養育費はどのように決められるのでしょうか?

ここでは離婚したときの養育費についてわかりやすく説明します。

イクラ不動産登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

※イクラ不動産はLINEサービスの名称で
不動産会社ではありません

LINEで家を売る相談お家の相談をはじめる

養育費とは

養育費とは、未成年の子どもを育てるためにかかる費用(生活に必要な経費、教育費、医療費等)全般のことです。

厚生労働省の2016年度調査によると、養育費をの取り決めがある母子世帯は43%と半数近くが養育費を決めないで離婚しています。

奥様
もう関わりたくない
奥様
支払う意思や能力がないと思ったから

という理由が大半です。

しかし、子どもを育てていくためにかかる費用は、子供を引き取った親権者(監護親)となっている片方の親だけではなく、子供を引き取らなかった親権者ではない親(非監護親)にも当然に支払ってもらうべき費用となります。

離婚しても、親には子供を扶養する義務があるため、子供を引き取らなかった側も養育のためのお金を支払う義務があります。これは親として課された義務です。

なお、養育費は子どもと親子関係があることによって発生する為、子どもを認知した場合や養子縁組をした場合であっても、法律上の親子関係がある限りは養育費の支払い義務があります。

イクラ不動産登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

※イクラ不動産はLINEサービスの名称で
不動産会社ではありません

養育費の決め方

離婚するときに、養育費の金額をめぐって意見が割れることもあります。

夫婦間で離婚協議がまとまらないと、裁判所の調停や審判、さらには裁判になることもあります。

養育費は、親権者を決めるのと同時に、養育費の額・支払始期(いつから)・支払終期(いつまで)・支払日・支払方法など話し合いによって決めます。

ただ、養育費の額は、話し合いではなかなか解決しないことも多いため、目安として裁判所が算定表(さんていひょう)を作っています。

この算定表には、養育費を払う人(義務者)ともらう人(権利者)の年収や、子どもの人数などに応じた目安が示されています。

こちらは子ども1人の場合の養育費の月額を示したものです。

もらう側の年収
払う側の年収 (単位:万円) 100 200 300 400 500 600 700 800
1500 12〜14 10〜12 8〜10
1000 8〜10 6〜8 4〜6
800 6〜8 4〜6
600 4〜6 2〜4
400 2〜4
200 1〜2

裁判所HP「養育費・婚姻費用算定表」から抜粋)

これらは、あくまでも目安にすぎません。

厚生労働省の2016年度調査によると、養育費をもらっていたり、過去にもらったりした1世帯の平均額は、子ども1人の母子世帯で月額約3万8000円、父子世帯で月額約2万9000円となっています。

子ども1人 子ども2人 子ども3人 子ども4人
母子世帯 3万8207円 4万8090円 5万7739円 6万8000円
父子世帯 2万9375円 3万2222円 4万2000円

厚生労働省HP「こどもの数別養育費の状況」より抜粋)

このように、算定表の額や平均額は、実際にかかる教育の費用などを考えると少ないといえます。

ただ、途中で養育費を支払えなくなってしまう恐れもあるため、長期的にずっと払い続けることができる妥当な金額で折り合いをつけることが重要です。

養育費は何歳までもらえるの?

養育費は民法で「監護費用(かんごひよう)」と定義されており、原則、親に親権がある期間、つまり子どもが未成年である20歳になるまでが養育費の支払期間となります。

ただし成人の年齢は2022年4月から18歳に引き下がることが決まっていますので、監護費用の期限については今後の裁判の判決によって定まります。

20歳でも大学生であれば経済的に自立していないでしょうから、養育費の支払いを22歳の3月までとすることもあります。そういった事情から実際に20歳以降も養育費をもらえている例もあります。

18歳で高校を卒業して就職したのなら、自立していると考えられます。この場合、離婚後に養育費を受け取ることができるのは高校卒業する年、満18歳になったあとの3月までと考えられます。

あるいは成人後は子どもから請求する「扶養料(ふようりょう)」として受け取ることもできます。

養育費の増額(減額)請求はできる?

離婚の際にいったん養育費の金額を取り決めても、後に話し合いなどによって増額や減額の請求をすることが可能です。

あくまでも離婚時のお互いの経済状況で取り決めた額であり、経済的事情がその後大きく変わることがある為です。

たとえば、子どもの進学や支払い側の倒産・失業、受け取る側の失業・再婚などがそれにあたります。

また、支払い側が再婚して扶養家族が増えた場合などは減額が認められるケースがあります。

養育費の増額(減額)請求をしたい場合、まずは相手と話し合いをします。

相手が話し合いに応じない場合や、話し合いをしても合意ができない場合には、家庭裁判所で養育費増額(減額)調停をすることができます。

イクラ不動産登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

※イクラ不動産はLINEサービスの名称で
不動産会社ではありません

支払わなくなるリスクを少なくするには?

前述したように養育費は、やむを得ない場合、減額請求が可能であるにもかかわらず、子どもが成年になるまでの何十年も支払期間が続くことから、最初は払っていても、途中で養育費を支払わなくなるケースはかなり多いです。

実際、厚生労働省の2016年度調査によると、養育費をきちんと受け取っているのは母子世帯で24.3%、父子世帯では3.2%にすぎません

このような養育費を払わなくなるというリスクを減らすためには、少し時間や手間はかかりますが、養育費など取り決めたことを公正証書(こうせいしょうしょ)調停証書(ちょうていしょうしょ)など文書にして残すことです。調停証書があれば、養育費が途絶えた場合に家庭裁判所から支払うよう勧告してもらうことができます。公正証書にする場合は、「未払いの場合は直ちに強制執行ができる」という主旨の文言を入れておき、強制執行認諾文言付き公正証書にすべきです。

離婚協議公正証書 離婚調停証書
離婚方法 当事者が協議 離婚調停
作成場所 公証役場 家庭裁判所
時効(除斥期間) 養育費は5年 10年
強制力 調停で定められた権利 金銭債務のみ

養育費の支払いが止まった場合

実際に支払いが滞った場合、養育費を払ってもらうには相手の財産、つまり預貯金や不動産、会社員なら給与を差し押さえる必要があります。

この強制執行を申し立てるには相手の財産を特定しなければなりません。預貯金なら金融機関名や支店名など、給与なら相手の勤務先がわかりません。

奥様
離婚後、相手がどうしているのかなんてわからないじゃない!
タニグチ(おうち売却アドバイザー)
相手を裁判所に呼び出して裁判官の前で明らかにさせる「財産開示手続き」という方法があります。

以前は、相手が呼び出しに応じなかったり、嘘をついたりしても罰則が軽かったのですが、2020年4月から「6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金」になりました。

また、「第三者からの情報取得手続き」という仕組みができて、預貯金や株式などについては金融機関、勤務先は市町村などが情報提供しなければならなくなり、相手が不動産を持っている場合は法務局に照会します。

養育費を受け取れない場合

申し立てをするには「債務名義」を持っていなければなりません。

債務名義とは、それを基に強制執行することが法律上認められている文書のことで、裁判所の判決や、裁判所で調停や和解が成立したときに作成される調停調書、和解調書が該当します。

また、養育費の支払いを公正証書にした場合は、その中で「未払いの場合は直ちに強制執行ができる」という趣旨の文言が入っていることが必要で、これを「強制執行認諾文言付き公正証書」といいます。

自治体が立て替え払いしてくれるケースも

養育費不払いへの対応策として、自治体が立て替えて支払ってくれるケースもあります。

例えば、兵庫県明石市では、調停調書などで取り決めがあるなどの条件があり、養育費が支払われない場合、1カ月分、子ども1人につき5万円まで立て替えてくれます。立て替えた分は、明石市が支払い義務のある相手方に請求します。

ただ、これはまだレアなケースで、民間の保証会社でも養育費の立て替え払いをするところもあります。

保証料はかかりますが、1~2年、毎月養育費と同じ額を受け取れ、立て替えた分は保証会社が相手方に請求します。

この保証料などについて、東京都豊島区など一部を補助してくれる自治体もありますので、役所に行って

奥様
養育費を支払ってくれないのですが、なにか制度がないでしょうか?

と聞いてみることをおすすめします。

イクラ不動産登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

※イクラ不動産はLINEサービスの名称で
不動産会社ではありません

まとめ

相手と関わりたくないなどの理由で養育費を取り決めないケースがあります。その場合でも後から請求できますが、確実に受け取れるか分かりません。

養育費の話し合いとともに、当面の生活費を確保するために財産分与の話し合いも重要です。

財産分与では、婚姻期間中に得た資産は共有財産としてすべて夫婦で分けるため、夫婦でためた貯金も婚姻中に購入した家も分けることになります。

離婚時の家の分け方については「離婚後の家は、夫婦「どっちのもの」になるの?」で説明していますので、ぜひ読んでみてください。

奥様
家を売って養育費に充てたほうがいいの?
タニグチ(おうち売却アドバイザー)
夫婦のどちらも住まないのであれば、売ったほうがいいと考えられます

どちらもが家はいらないということであれば「離婚で「いらない」家はどうすればよいのかわかりやすく説明する」で説明していますので、ぜひ読んでみてください。

奥様
住宅ローン返済中でも家は売れる?
タニグチ(おうち売却アドバイザー)
はい。ローン残高と家の相場価格によっては普通に売却することができます。

住宅ローンが残っている家を売る方法については「離婚が原因で家を売却する時の5つのポイント」で説明していますので、ぜひ読んでみてください。

離婚に関係する家についての疑問は「イクラ不動産」でご相談ください。無料&匿名で相談が可能です。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

イクラ不動産登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

※イクラ不動産はLINEサービスの名称で
不動産会社ではありません

スマホ一つで、もっと気軽に家を売る相談をしましょう

40代女性(東京都・戸建)
自宅売却にあたりイクラ不動産を目にし、東京と大阪で離れているし最初はスマホで相談なんて大丈夫かな…と思いましたが、 よくある不動産屋さんの査定よりよほど丁寧で親切で、的確なお話をして頂きました。
何より、消費者の立場に立った目線でお話頂けたので、その後の不動産会社選びに大いに参考になりました。
30代男性(大阪府・マンション)
無料にもかかわらず非常に有益な情報を提供して頂きました!
おかげさまで非常に高額な金額でスムーズに自宅を売却することができました。
ありがとうございました!
60代女性(兵庫県・戸建)

一人暮らしの母が高齢になり、家を売却することになり、どうしたらいいのかわからなくて、困ってました!
息子の紹介でイクラ不動産を知る事ができて、とてもよかったです!

はじめは、スマホ?LINE?とちょっと不安でしたが、売却する家に適した不動産屋をご紹介していただきまして、感謝しております!

はじめは、自動的にお返事が入るのかなぁ?と思っていましたが、そうではなく、丁寧にお返事をしていただいて、とても助かりました!

無事に家も売却の契約ができる事になりました!ありがとうございました!
また、知人に家を売却するかたがいたら、ぜひご紹介したいです!

30代女性(鹿児島県・戸建)
非常にイレギュラーな不動産売却だった為、 仮定の話では誰にもどこにも相談できず、ラインでのやり取りだったらと思い相談してみました。
結果、丁寧に査定価格を出してくださり、そのお陰で売却の手続きに思いきって踏み込むことが出来ました。
そして、短期間高額にて売却できました。
50代女性(宮城県・戸建)
初めはスマホやLINEで大丈夫なのかなとも思ったのですが申し分ありませんでした。
迅速で丁寧なご対応をいただきLINEであっても実に分かりやすくご教示くださいました。
LINEも自動応答などではなく最初から体温の感じられる対応をしていただけます。
なによりもしつこさや強引さがひとつもありません。

※実際にいただいたGoogle口コミ

利用者、続々! 嬉しい口コミも多数いただいております

一生に一度あるかの家の売却…
相談したいけど、まだ売るか決まっていないのにいきなり不動産屋さんへ相談へ行くのはハードルが高いものです。
匿名でも大丈夫。

来店不要LINEでご相談
お家の相談をはじめる